UA-34614816-1

HOME > カウンセリング

自分の心と仲良くしましょう

現代の心理学の世界では、すべての行動の源は心、つまり「感情」にあると考えられています。
たとえば、あなたが仕事を一生懸命頑張ってやりとげようとすることも、周囲の人と仲良くしようとすることも、家族と言い争ったりすることも、今あなたがこうしてキャリアスタジオのホームページを見ていることも、この後このページのどこかをクリックすることも、すべてあなたの感情が引き起こしていることになります。

ところで、私たちは自分の感情をどこまで把握しているのでしょうか。
現代社会、とりわけビジネスの場では、自分の感情を語ることはあまり歓迎されないことが多いようです。
また、プライベートのシーンであっても、人前で感情を出すという行為は時々嫌がられることもあります。「あの人は感情的だ」などと言われるのもその一例ですね。日常生活では、自分の感情を出したりする機会がないのが普通です。でも、そうして知らず知らず、私たちは自分の感情を見えないところへ追いやってしまっていると言えるでしょう。

感情を意識して言葉にしないと、自分の感情を察知する能力はどんどん枯渇していってしまいます。特に自分の心の中には自分が知らない感情が潜んでいたりします。いわゆる無意識の感情です。

カウンセリングは、自分の感情や主観的な思いを話す場です。あなたが職場ではあまりできないことをやるのです。すると、自分の無意識の感情に気づくことができます。たとえば「憎しみ」「嫉妬」「怒り」「不安」「恥」など。ネガティブな感情だけではありません。「愛」や「希望」が自分の心に眠っていることを知らずに私たちは暮らしていたりします。

自分の本当の感情を知ると、いろいろよいことが起こります。たとえば、自分が誰かを憎んでいたという感情に気づくということは、人を憎む自分を認めることになります。認められなければ(認めたくなければ)、それを一生ごまかして生きようとして、たくさんのエネルギーをそこに使ってしまい、窮屈になりいずれ苦しくなります。また、自分の感情に気づけば、自分を調節することもできます。

現代人の多くは、自分の感情を見過ごして(あるいは見ないように)生きています。言い換えれば本当の自分の正体を知らずに生活しています。そのこと自体は悪いことではありませんが、ときどき不自由になったり、自分を制御できなくなったり、悩んだり苦しかったりということが起こります。

カウンセリングは、普段の生活で自分の感情を口にしない現代人にとって貴重な体験となります。
ストレスの多い現代社会で生きるすべての人が、カウンセリングを日常生活の一部にとりいれ、自分の感情に目を向けることで、健全な生活を送ってほしいと願っています。


カウンセリング45       (初回診断)

こんな方に

・ カウンセリングは初めて

・ 考えがまだまとまっていない

・ とりあえず相談してみたい

ピュア カウンセリング    (60分)

こんな状況に

・ 将来について不安がある

・ やりたいのに出来ない

・ ある事が気になって頭から去らない

サビカス流キャリア構築    カウンセリング(全4回)

こんな状況に

・ 複数の選択肢で迷っている

・ 今の仕事が合わない気がする

・ 自分のキャリアに自信がない

パーソナルコーチング

こんな目的に

・ 重要な意思決定をしたい

・ コミットメントを強化したい

・ 成果目標を期限までに着実に達成したい

目的別キャリア プロジェクト

こんな目的に

・ 将来のビジョンをつくりたい

・ キャリアチェンジを計画的にしたい

・ 長期的なキャリア設計を作りたい