UA-34614816-1

HOME > キャリアカウンセラー/コンサルタント育成 > 合格者の声 キャリアコンサルタント試験第6回

JCDAで受験して合格された方の声です。

OK様 

【受験回数】1回
【私が受講したのはコレ!】 
 ・ キャリアコンサルティング個別クリニック
 ・ 技法別マンツーマントレーニング かかわり行動/質問編
 ・ 「主訴・問題の把握」集中トレーニング
 ・ 試験に出そうなCL対策60分

藁にもすがる思いで


カウンセリングに憧れて始めた勉強だったはずなのに、学校でロープレをやっても、クライアントと二人で沈黙競争をしたり、自分の意見を押し付けてしまったりと落ち込むことばかりで全く上達できず、ロープレが苦痛でしかありませんでした。どうにかしたくて、藁をもすがる思いでこちらのドアを叩きました。
一番疑問だったのは、「カウンセリングが一体どんなものなのか」ということです。学校のテキストやカウンセリング関係の入門書を読んで、理屈ではわかったつもりだったのですが、実践するとなるとどうしたらいいか全くつかめなくて苦労しました。つまり、理屈だけで全く使い物にならなかった知識だったのですが、実際にカウンセリングをどう行えばよいのかを、先生は分かりやすく教えてくださいました。特に「かかわり行動」では、私の理解そのものが間違っていたと気づかされました。それまでは正直、どうして「かかわり行動」がこれほど重要視されているのかわからなかったのですが、これで理解することができました。おかげで、自分の中のカウンセリングのイメージも、膨らませることができました。また先生は、カウンセリングを行ううえでのちょっとしたコツや、直すべきところを分かりやすく具体的に指摘してくださいました。
うまくできなくて、悔しくてロープレの後に泣いてしまったこともあります。でも、そんな私を穏やかに温かく見守り励ましてくださったおかげで、最後までやり遂げられました。本当にお世話になりました。


ON様 

【受験回数】2回
【私が受講したのはコレ!】
 キャリアコンサルティング個別クリニック 
 ・ 技法別マンツーマントレーニング かかわり行動/質問編

本番が簡単に思えました


面接試験の勉強では、今までの自分のキャリアと経験を積み重ねた辞書を閉じて、「無知の知」でクライアントに向き合わねばならない、ということが一番難しかったです。しかし、先生は「辞書を閉じるではなく、プラスαするのだ」と教えてくださいました。そこから気持が楽になりました。

キャリアスタジオは完全に個人トレーニングなので、他の受講者の目を気にせず失敗を繰り返すことができます。私は失敗を繰り返すことで、つかめるものがありました。


トレーニングはとても質が高く、今まで間違えて覚えていたことを、正すことができました。養成学校の練習、また受験生同士や合格1年生の先輩などの無料勉強会では、本当の意味での合格は厳しいと感じました。特に、受験生同士のロープレ練習はあんまりしない方がいいと思います。なぜなら、試験本番では受験生同士のような応答をしてくれるクライアント役はいないからです。キャリアスタジオでは本番以上に難しいトレーニングをしてくれますので、本番が簡単に思えるはずです。プロに見てもらうことがどれだけ大事かを、私は身をもって知りました。トレー二ングは1回だけではなく、ぜひ最低3、4回は受けるようお薦めします。


また、先生とのホットライン「サポートページ」は、先生とつながっているという安心感がありました。そこで宿題のやりとりもできたし、先生のパーフェクトなロープレ動画もレンタルで見放題で、大変勉強になりました。また、自分のロープレ動画もアップしてもらえるのですが、それを見、逐語録に起こすことで、自分の変な癖を認識でき、改善策を考えることができました。あらためて、自分の動画を見ることがどれだけ改善につながるかを実感しました。  


城田先生のご指導と、斎木先生のクライアント役、この最強の先生たちのトレーニングのおかげで合格できました。質が高く、本当にレベルを上げてくれる厳しいトレーニングを受講できたおかげで、満足のいく成績で合格することができました。学習が、今の仕事にも活かせていることにも感謝しています。ありがとうございました!